明けましておめでとうございます。1月11日は鏡開きです。鏡開きの日には、今年一年の一家円満を願いながら、神様に供えた鏡餅(かがみもち)をお下がりとして頂きます。この鏡開きの日には、飾っておいて硬くなったお餅を金槌などで叩き「開き」ます。鏡餅には歳神様が宿っているので、神様とも縁を切らないように「割る」や「砕く」とは言わず「開く」と縁起の良い表現を使います。硬くなったもちを切らずに小さくするには大変ですが、カチカチに乾燥した鏡餅を少しずつ叩いて、ヒビが入ってから勢いよく叩くとはじけるように割れます。しかし、餅が相当乾燥していないと上手くはいきません。そんな時は、半日程水に浸けてから、耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジにかけて軟らかくしてから手でちぎると良いようです。餅が熱くなるので火傷には注意しましょう。

Download (PDF, 83KB)