先日、お知らせしたEMPA-REG OUTCOME試験に続いて、今月は同じSGLT2 阻害薬であるカナグリフロジンの試験結果:CANVAS Programの結果が発表されました。この試験も心血管イベントに対する効果を見たものです。

約10,000例の2型糖尿病患者さんについて解析が行われました。結果はカナグリフロジン服薬群ですべての死亡、心血管病による死亡、心不全での入院の合計が減少しました。また尿アルブミンの減少効果も示されました。しかしながら骨折と下肢切断件数が増加していました。

以上より、SGLT2阻害薬は心臓や腎臓の保護効果があると言えると思います。ただし、下肢切断や骨折のリスクについては今後も検討が必要でしょう。いずれにしても有用なお薬であることに変わりはないと思います。