インスリンが膵臓から分泌されて血糖値を下げることは皆さんご存知のことと思います。ではインクレチンとは何でしょうか?インクレチンは食事が小腸に到達したときに腸管から分泌されるホルモンです。その刺激を受けてインスリンが膵臓から分泌されることが分かっています。インクレチンが食事の直後に速やかに血液中に増えてくれればインスリンが不足せず食後の血糖値を下げてくれることが期待されます。インクレチンを増やす飲み薬(DPP4阻害薬)や、注射薬(GLP1受容体作動薬)はすでに市販されています。このようなお薬をインスリンと同時に用いることで糖尿病患者さんの血糖値が安定しやすくなりますが、インスリン注射もGLP1受容体作動薬も注射するのは煩雑です。そのため、この両者を最初から混ぜ合わせた注射薬が開発され、近い将来発売されることになったそうです。糖尿病の治療にまたひとつ新しい選択肢が加わることになり、期待されています。