厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、糖尿病の可能性を否定できない方(糖尿病予備群)は、約1,000万人、糖尿病が強く疑われる方も約1,000万人と推定されています。血糖をコントロールすることで健康的な日常生活をすごしてもらうために、糖尿病治療研究会がおこなっている啓発活動が、「10月8日は、糖をはかる日」です。講演会や写真コンテストなどが予定されています。詳しくは上記ホームページをご参照ください。