梅雨の時期、蒸し暑い日が続くとつい清涼飲料水に手が伸びてしまいますが、飲み過ぎには注意しましょう。清涼飲料水のように単純糖質が多く含まれる飲み物を多量に摂取すると血糖値が上がりやすくなります。単純糖質とは果糖、ブドウ糖など吸収の早い糖質類のことです。飲料水のラベルに「果糖ブドウ糖液糖」と書いてあったら要注意です。「果糖ブドウ糖液糖」はトウモロコシデンプンから工業的に作られる単純糖質そのものであり、果糖とブドウ糖が成分です。最近流行りのタピオカ・ドリンクにもコーンシロップの形で単純糖質がたくさん使われています。とくに果糖は甘みが強いだけでなく、内臓脂肪を増やす、血管に働いて動脈硬化をおこすなどの悪さをします。コーラなども含めた人工的な飲み物はほどほどの量にしましょう。