2018年の十五夜は9月24日です。中秋の名月を鑑賞するほか、これからの収穫期を前にし、豊作祈願や収穫を感謝する祭事としての意味合いもありました。またこの時期に収穫される里芋などの芋類をお供えすことから芋名月とも呼ばれています。現在では満月のように丸い月見団子と稲穂に似ているススキを供えるのが一般的な十五夜のスタイルとなっているようです。

Download (PPTX, 1.76MB)